いのちと性のお話

あなたの気持ち 「同意」を習慣にしよう!

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

〜あなたの気持ち 「同意」を習慣にしよう!〜

今月の一回目の「大人のいのちと性のお話」。

テーマは、あなたの気持ち 「同意」を習慣にしよう!でした。

境界線(バウンダリー)ってなに?

「同意」を考える時に大切なことの一つに、自分の境界線(バウンダリー)があります。

さて、バウンダリーって何?

バウンダリーは、自分が安全だと思えるスペース。
「いいよ」の距離と、ここからは「NO」の間にある見えない線のようなもの。

バウンダリーは、自分で決めていい!
相手や気分でも、その時々で広かったり、狭くなったりすることがある。

バウンダリーをもとに、自分が自分をどうするか決める。
そんな自己決定権かあなたにはあるんだよ〜。

人によってバウンダリーは違う!!

これ、とっても大事ですよね〜。
第6感的な自分感じる直感は、無視しちゃいけません!!

同意する・同意をもらうって?

  1. 自分がどう思っているのかを、相手に話す
  2. 相手の想いや気持ちをよく聞く

相手がどう思っているかは、どうすればわかりますか?

    相手に聞けばいい!!

言葉にすると、とっても当たり前で、シンプルですね。

みんなで、暮らしの中での場面をいろいろ想像して考えてみました。

 

例えば、子どものものの貸し借りのときを考えてみましょう!

子どもが遊んでいる時に、他の子が使いたがっていたらどうしますか?

子供がどうするとか、子どもの気持ちがどうとか全く確認せずに、お母さんが勝手に物を貸しちゃったり、先回りし過ぎて、子供を置いてきぼりにしちゃうようなこと、ほんとにたくさんあると思うんですよね。

このとき、お母さんの行動は、子供自身にどのようなメッセージになるでしょうね?

おそらく、自分を雑に扱われたというような感覚が身に付いていくでしょう。

同じ相手にものを貸すにしても、「お友達つかいたいっているけど、どう?」とか「〇〇ちゃんもまだやりたかったよね。もう少ししたら、貸してって聞いてみようか?」、「ママが勝手に決めちゃってごめんね」とか一言あるだけでも印象は変わりませんか?

2歳とかで「同意」して貸すなんてできないでしょ!って思うかもしれないけど、親のちょっとした対応で、暮らしの中での無言のメッセージは刷り込まれている!とちょっと意識してみてはいかがでしょうか?

性的同意年齢って何歳?

日本の性的同意年齢は、13歳。明治時代から変わっていません。
う〜ん、思うこといろいろあります。

13歳で、性交を同意する力が今の子供たちにあると思いますか?

そもそも、性交については学校では教えてくれません。高校くらいになると、知っていることを前提に、性感染症や避妊とかいう話になってきくるんですよ!

自分が13歳の時、もちろん知らなかったし・・・。
漫画とか本とかで、ほわ〜んとしたことを知っていても、裸のスキンシップくらいを思っていたよ〜っとか、話もしながら、楽しい時間でした(笑)

小児科から、婦人科や泌尿器科へ

そして、話はそれて、「婦人科や泌尿器科って大事だよね〜」の話題に。

子ども産んでいない女性にとって婦人科は敷居が高いらしい。まあ、そうですよね〜。
プライベートなところの健診ですし、何するかわからない。
不安だし、怖いし・・・。

男性の泌尿器科は、女性にはよくわからない世界で、もっともっと敷居が高い・・・。

私自身も少しずつペースが掴めてきて、みんなとお話の時間を取れるようになってきています。
参加してくださる皆様が、お付き合いくださるから、ほんとに勉強にもなります。
ありがとうございます!

次回の「大人のいのちと性のお話」は、『お産を語ろう!』です。
大切なお産のお話、聞かせてください。

子どもにどう伝えるかも一緒に考えれたら、いいな。

あ〜楽しい時間でした〜〜。
参加者さんのご感想が届いたら、紹介しますね!

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんの【安心・安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子