いのちと性のお話

防犯の声かけは、「被害に遭わない」が大前提!?

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

「いのちの性のお話〜大人向け〜」の講座はを定期的に開催しています。

10月のテーマ1つ目は、「暴力と安全」。

ちょっと、いやいやかな重たいテーマですよね。。。
性犯罪や虐待、DVは、平和で安全な日本でも毎日ニュースで取り上げられていますよね・・・。

講座を作っていて、昨日の時点では、「うん!」と納得できる準備ができていたんですが、朝目覚めてみたら、なんか偏っていたかな〜と反省点も。講座をしながら、言葉で補足をしていきました。

防犯の声かけは、「被害に遭わない」が大前提!?

「お家で防犯として伝えていることはなんですか?」と質問します。

「不審者」「知らない人」に気をつける。。。
これってほんとに防犯できているかな?

何度も講座で一緒に考えている方達だったので、「知っている人でも」というワードも出てきて、意識が高くなっているのがよくわかります!

防犯というと、「被害に遭わないために・・・」ということに意識が向いている方が多いのではないでしょうか?もちろんとっても大事なことですね。

でもちょっと待って!!

例えば、


○お医者さんごっこをして、「洋服をめくってくださ〜い」と聴診のマネをする。

こういうことあるかもしれませんよね〜。
ん??これって、あなたが子供に伝えている防犯の範囲ではない?かもしれませんね。

でも、これも、暴力になってくるケースです。

お子さん、どうすると思いますか?
あなたが思い浮かんだのは、こどもちゃんは、患者さん?お医者さん?両方のパターン?

助産師じゅんこは、異性だろうと年齢が何歳であろうと、これはNGと考えます。

加害者の心理は?

加害者は、どうして加害者になるのでしょうか?
加害者の心理なども、わかっていることをシェアしました。

もちろん加害者が悪いのは悪い。それは、間違いない。

ただ、そこに至る過程で、暮らしだったり、社会だったりが影響していることもあるかもしれませんよね。

支配関係があると、そこには、暴力が生まれていることが多いのではないでしょうか?

親子の間で、夫婦の間で、恋人との関係は、対等に人権大切にされていますか?
うっかり、親の立場でうっかり加害になっている時ありませんか?

私は、正直ちょっとドキッとします・・・。

どんなことがあっても暴力は、犯罪です!

暴力は、とっても身近にあります。

助産師じゅんこも、正直ドキッとします。

虐待や暴力は、しつけとの境界がはっきりあるわけではありません。しつけのつもりが、他人からするとそれは暴力だ!というようなこともあるかもしれません。

また、自分がされていることも暴力であって、被害に遭っていることもあるかもしれませんね。

毎日、「今日は何しているか」なんていう確認も時には暴力の一つであって、加害者にも、被害者にも傍観者にも、誰もがなりうると思いませんか?

相手の「安全・自信・自由・成長」を奪うものは、DV。

相手が、小さな人、子供であっても奪っていい物ではないんですね。

セクシュアリティ教育は、人権教育です。

あなたの人権。私の人権。
暴力を受けていい人は、一人もいない。

これからも、あなたの人権を大切に、一緒にいろんなテーマで考えていく仲間を募集していますよ〜〜。ご連絡お待ちしています。

ご参加いただきた皆様、ありがとうございます。
アンケートにご協力お願いしま〜す。

 

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんの【安心・安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。