いのちと性のお話

「恥ずかしい」を「大切」にシフトチェンジ。

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

大人向けの「いのちと性のお話」で、「性教育のいろは」のところ・入門で簡単に始められることの一つに提案しています。

「恥ずかしい」を「大切」にシフトチェンジ。

子どもがパンツを履かずに、下着姿で走りまわっている時、
「もう!恥ずかしいから、パンツを履きなさい!洋服着て!」
というような声かけしていませんか?

「恥ずかしい」というところを、「大切な」に言い換えることを提案しています。

「大切なところだから、パンツで守ろうね」
「恥ずかしいから、早く履いて履いて!」
「もう!そんな格好で恥ずかしいんだから!」

あなたならどんな言葉をかけて欲しいですか?

相手への伝わり方、全然違うでしょう!?

「恥ずかしいという言葉って、人に対いて言う必要あるかな?その言葉って、子育てになくても子供って育つよね。」ということを聞いた時、私自身も、ものすご〜〜く衝撃が走ったとのを覚えています。

ほんとにそうだ!子どもに対して、人に対して使う必要のある言葉ではないな。

「一番響いたこと」としても感想いただきます!

講座の中でも、「一番響いたこと」として感想をいただくことも多いですよ。

身体は大切なもの。恥ずかしいものじゃないのに裸は恥ずかしい!と自然と口にしていた。大事だから守ろうねと声かけしようと思いました。

身体を恥ずかしいと表現するのではなく、大事だと伝えることがすごく印象に残っています。(恥ずかしいという言葉を使わなくても育児はできるという部分も。)

そうそう!無意識だけど、ちょっと立ち止まって考えるのって大事ですよね。

子ども達も裸でいると『大事大事!』と言って下着を着るようになりました

子どもちゃんとの親子講座でも、「大切」、「大事」という言葉を意識して使っています。子どもちゃんは、素直にちゃんと受け止めてくれていますね。

恥ずかしいって言われ続けると、自己肯定感も下がりますね。

からだは素敵。あなたのからだには、恥ずかしいところなんてありません。家庭での声かけをちょっと変えるだけで、子どもの「からだ感」変わりますね。

「からだ感」も未来にとても影響していくと、助産師じゅんこは体感しています。

一緒に、あれこれ話しながら、勉強出来るお仲間が1人でも増えるといいなっ。

意識して気をつけるだけで、未来が変わるかもしれませんよ!

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんの【安心・安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子