「お母さん」という職業。

こんにちは!
浜松市マルル助産院の助産師 宮﨑順子です。

産後には、赤ちゃん訪問のお仕事もさせていただいています。

ご自宅に訪問させていただくのですが、ママたちほんとに頑張っているな。

今は情報過多で、情報がありすぎることで悩みも複雑になっている。

知識があれば、それは悩みにならなかったかもしれないのに、ということもよくあります。

「お母さん」という職業。お仕事。

どんな仕事であっても、新入社員には、一つ一つ丁寧に教えてくれる人がいませんか?

アルバイトであっても、研修期間ありますね。

では、お母さんは?

丁寧に一つ一つ教えてくれる人の存在や、先輩ママたちで対話する場所が必要なんじゃないかと感じる日々。

赤ちゃんを産んだからって、勝手に「お母さん」という役割をうまくこなせるなんてことはない。

お仕事でいう研修期間にあたる1〜3ヶ月が、お母さんにとってはとっても変化が大きく、過酷に感じる時期だったりします。

赤ちゃんっという小さな人の発達や抱き方、生態そのもの。またママ自身も自分の体と心の変化。母乳のことも。

からだの不思議や生き延びるために人として備わった機能。身体は本当にうまくできている。

それを知るだけでも、子育てのスタートは変わってくるように感じてます。

学ぶこと、支援をうまく届けることができたら・・・。

私が、できること、なんだろう。

今は、産後ケアでの個別にサポートかな。。。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(いのちと性のお話)の個別でのご相談は、随時対応しています。

一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • いのちと性のお話(包括的性教育)の講演講座

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。
安心して、ご相談くださいね。
          助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ