「食べるって楽しいね!」の親子のハッピーな時間になりますように。

こんにちは!
浜松市マルル助産院 助産師宮﨑順子です。

子どもちゃんが「ご飯を食べない」というお悩みの相談も多く聞かれます。

1回の食事を見ていると、食べる時と食べない時があるかもしれません。

そんな時には、

  • 1日通しては、どうかな?
  • 4日くらいで見たら、どうかな?
  • 1週間で見たら、どうかな?

短いスパンではなく、ちょっと長いスパンで「どうかな」とみては、いかがでしょうか?

私たち大人だって、毎回、同じ量の食事を食べるわけではないでしょう。

「めっちゃめちゃ、お腹すいたよ〜」の時もあれば、「さっき食べすぎちゃったから、まだお腹空いてない。」とかいうようにね。

子どもだって、食べたい時と食べたくない気分の時があっても、むしろ生理現象ではないでしょうか?

元気で、ご機嫌。体重もその子なりに成長していれば大丈夫!!

ただちょっとだけ、時々気になるのが、食事の時の「環境」。

大人が対処することで、子どもちゃんが「食べたくなる」に変化するかもしれません。

  • 食べる時の赤ちゃんの姿勢はどうかな?
  • 前傾姿勢で、胃が圧迫されるような体制になっていないかな?
  • 首が前に出て、口を開けたり、飲み込みにくい姿勢になっていないかな?
  • 「食べてくれ〜」の食べさせる側の圧があって、食べづらくなっていないかな?
  • お口の発達と食事の形状はどうかな?
  • そもそも、お腹空いているかな?

「食べない」の相談の中でも、いろんなことを一緒に考えています。

食べてくれると、もちろん嬉しいですね。

お食事の時間は、楽しい時間。
肩の力抜いて、「食べるって楽しいね!」の親子のハッピーな時間になりますように。

あなたは、どう感じますか?よかったら、いろいろお気持ち聞かせてくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^
マルル〜(訳:ありがとう)♡

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(性と生のお話)の個別でのご相談は、一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • 性と生のお話(包括的性教育)の講演講座
  • 口唇口蓋裂ちゃんのサークル(ぽかぽか)

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。安心して、ご相談くださいね。
      助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ