4月入園予定で、「おっぱいどうしよ〜」迷い中のあなたへ

こんにちは!浜松市マルル助産院です。
街の方に行くと「どうする家康」の看板がたくさんあるけど、話題に乗り切れていない助産師宮﨑順子です。

最近お仕事させていただいている子育て支援ひろばや親子すこやか相談では、4月の保育園に向けてのおっぱいの相談がとても増えています。今6ヶ月で、入園時に8〜9ヶ月という月齢の子や、1歳前後で4月を迎えるお子様もとても多いです。

卒乳に向けて、母乳の回数を減らしていくというのはよく耳にする方法の一つではありますが、6ヶ月の赤ちゃんと10ヶ月の赤ちゃんでは状況が違いますね。

母乳回数だけでなく、お食事の進み具合も全く違います。

皆様のお悩みを聞くと切実です。なかなか卒乳、おっぱいの終わりを学ぶ場所がないですもんね・・・。

さあ、どうやって、仕事復帰、入園に向けて母乳育児を考えていきましょうか?

4月に入園を控えていて、どうしよ〜って思っているママたち!一緒に考えましょう〜〜。

【卒乳も主体的に あなたらしく】

【日時】2月16日(木) 13:00〜14:30
【開催方法】 オンライン(ZOOM)
【参加対象】 卒乳を学びたい方
【参加定員】 4名
【参加料金】 2200円
【申込方法】 オンラインシステムMemidにて(クレジットカード支払い)

少人数制です。たくさん質問してもらってOKです。
たくさんの選択肢を持って、あなたらしい卒乳を見つけてくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(いのちと性のお話)の個別でのご相談は、随時対応しています。

一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • いのちと性のお話(包括的性教育)の講演講座

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。
安心して、ご相談くださいね。
          助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ