いのちと性のお話

子どもちゃんとの親子講座、思わぬことが起きるから楽しんだなあ〜〜〜。

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

親子で聴く!「いのちと性のお話」

「いのちと性のお話」。

3〜6歳の子供ちゃんとママへお話しました〜。

性教育はライフスキル教育。

いろいろ学ぶほど、どこに焦点を当てて、着地点をどこにするか。

悩みます。

今回は、
●プライベートパーツ
●「NO」という力、同意
●赤ちゃんだったあなたが成長して 素敵な命を持っていること

この辺りを噛み砕きながら伝えました!

前回の反省で、今回は、スライドは利用せず。
(これも、前回の経験が選択の幅を広げてくれます。)

子供たちの反応を見て、その時の雰囲気で一緒に進められたかな。

絵本を使ったり、胎児人形ちゃんに触れてみたり、いのちのトンネルをくぐったり、ママと触れ合ったり。

体のパーツ遊びをした時は、みんなよく体のことわかっていたね〜。

お口とお胸とお尻と性器は、自分だけが触っていい大切な場所。

大切な場所だから、パンツ履いて守っているんだね。

「なんで、パンツはくの?」に対して、「恥ずかしいから〜」って言葉が出てくる子どもたち。

何度も何度も、「あなたの特別に大切な場所だよ〜」と声かけて上書きしていきました。

子どもちゃんたち、大切な場所がどこかよくわかってくれていました。

大人からの声かけもぜひアップデートしましょう。

自分の身体のパーツを「大切な場所」か「恥ずかしい場所」と言われるのどちらが嬉しいですか?あなたの身体に恥ずかしい場所なんて無いですよ〜!

あとね、子宮の模型を見せて、「これなんだかわかる?」に対して、子どもちゃんの答えに、感心しました〜。ある意味、なるほどなるほど感動しました^^

もうこう言う発想力。大事ですね〜。

子どもちゃんがなんと答えたか・・・

「ザリガニ〜」
かわいい、かわいい。

こう言うのがあるから、子供の講座も楽しんだな〜。
久々の園児ちゃん相手の講座。好きだな〜〜〜。

少しずつ、ママからの感想も届いています。お待ちしています。
ご参加ありがとうございます。

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんの【安心・安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。