母乳授乳育児

妊娠中におっぱいのお手入れは必要?

こんにちは!
浜松市マルル助産院 助産師じゅんこです。

母乳育児をしたいとき、妊娠中は、おっぱいのお手入れした方がいいですか?

このような相談はよくあります。

妊娠中のおっぱいのお手入れや準備がないと、母乳育児ができない!?

お手入れをしていないと母乳育児ができないんじゃないかと不安になることがあるかもしれませんね。そんなことはないのでご安心を!

実際には、妊娠中のお手入れをいていなくても、母乳育児はできますよ。

いろんな育児書とか見ると、妊娠中のお手入れ方法が書いてあったりしますね。
妊娠中・出産後もおっぱいの状態は変化します。

産後に赤ちゃんが初めてお口に含むものがお母さんのおっぱいであることや、できるだけ早い段階で赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらって、お母さんの身体に母乳分泌を促すスイッチを入れることが大事です。

妊娠中に準備・手入れをしていても、ここがなおざりになってしまうと、母乳の分泌につながりません。

乳首やおっぱいの形には個人差があります。
そして、母遊育児をするたびに変わりますよ!

妊娠中にすることは、特別なことは必要ないです!

清潔を心がけてください!!

石鹸でゴシゴシ擦ったり、乾燥したりすると傷つきやすいので、保湿もお忘れなく。

乳首の形が陥没乳頭だったり、扁平乳頭などでご心配でしたら、助産師にご相談くださいね。

陥没乳頭や扁平乳頭でご心配なときは、妊娠中から乳輪部全体が柔らかい状態にするためにちょっとお手入れしてもいいかもしれません。母乳育児はできますよ^^

もし、ご心配がありましたら、ご連絡くださいね!