「お茶がいい」と可愛いおててで教えてくれた、夏の日。

こんにちは!
浜松市マルル助産院 助産師の宮﨑順子です。

これから暑くなってきますね。

真夏のように暑いわけではないけど、

ちょっと寝苦しい日が
出始めるかもしれませんね。

母乳育児をしていると、
夜間に目が覚めた時に母乳を差し出すことも
経験があるのでは、ないだろうか。

しかし、母乳を差し出しても、
どうにも落ち着かずにグズグズ・・・。

眠いママには
とてつもない試練の時間。

夏はね、単純に喉が渇くんです。

だから、母乳ではなくて、
「サラッと、お茶で喉を潤したい!」
そう訴えているのかもしれません。

これね、本当です。

ベビーサインを育児に取り入れた
私の子育ての一幕。

夜中に寝ぼけながら
おっぱいを差し出すが、違う違うとのけぞる。

夜泣きか〜〜〜!!!と思ったが、
娘の可愛いおててが「お茶」といっている。

「お茶」を準備すると、ごくごくと飲み干し、
さっきまでの泣き叫びが嘘のようにコテっと寝た。

これからの時期は、母乳ではなくて、
「サラッとした「お茶」がいいの!」
と言っていることもあるかもしれない。

頭の片隅に入れておいてくださいね!

娘の「お茶」と訴える頻度の高さに驚いた!

何度も可愛いおててが「お茶くれぇ」と訴え、
1歳がこんなにもお茶を欲していると
知ったのです。

参考まで。

あなたは、どう感じますか?よかったら、いろいろお気持ち聞かせてくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^
マルル〜(訳:ありがとう)♡

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(性と生のお話)の個別でのご相談は、一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • 性と生のお話(包括的性教育)の講演講座
  • 口唇口蓋裂ちゃんのサークル(ぽかぽか)

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。安心して、ご相談くださいね。
      助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ