マルルだより

「卒乳のお話」@なごみサーカス様

こんにちは!
浜松市マルル助産院 助産師じゅんこです。

子育て支援ひろば「なごみサーカス」さんで「卒乳のお話」をさせていただきました。

卒乳のお話。
実は私のめっちゃ課題の講座です。

というのも、一般論をお伝えしてもね。
本当に人によって様々だから、難しい。

母と子の数だけいろんなケースがあるんですよね。

生身の人が気持ちを通い合わせて、バランスをとりながら。

卒乳のお話では、

  • いつ卒乳するかは、ママか子どもちゃんのどちらかが「もうやめる!」というタイミングで!
  • いざ真剣に卒乳を考え始めたら、1組の親子のその時に状況で一緒に考えるね!

ということが届けばいいなぁ。

集団でお話しする時、どう話すのが伝わるんだろう〜。
もう毎回、試しながらやって入るけど、う〜ん、悩む。

ママのこと、子どものことと分けても、伝わったかな〜って感覚が残るし。
時系列でお話ししても、なんかあっちゃこっちゃと話が飛んでしまっているような。

ましてや、卒乳って、「こうしないとダメ」っていうことでもないのですよね〜。

例えば、「3日間ができるだけおっぱいを貯めないとダメ!」って思っている方も多いんのですが。

痛みが強いのに、我慢するしかないの?
本当にしぼっちゃダメなの???

初日からパンパンになる人もいれば、36時間位ではってくる方もいる。

集団で話すには限界があるような。
どうしたや伝わるかな〜って、試行錯誤。

ご参加の皆様、ありがとうございます。

いざ始める時には、いつ絵もご連絡くださいね!オンライン相談もあります