母乳育児支援は、助産師にも差。

こんにちは!
浜松市 マルル助産院 助産師の宮﨑順子です。

母乳育児、楽しんでいますか?

母乳育児は、なんだか難しいかなと感じているお母さんが多くいます。

何がそうさせているのか・・・。

正しい知識と情報、そして支援が届いていないことに尽きるのではないかな。

これに関しては、本当に支援者である医療者の責任も重い

母乳育児については、どこまでも深く学ぶことができる分野だと感じています。

私は助産師なので、助産師という立場で言うと、はっきり言って母乳支援について学びは自己研鑽です。

助産師が提供できる支援は、本当に幅広いです。

だからこそ、助産師の中でも知識の差は、大きいかな

母乳育児支援に関して、深く学んでいる助産師もいれば、浅いの助産師もいます。

一方で、私自身は、骨盤ケアや、妊娠・産後の体づくりについては、正直苦手です。学びが浅いです。

体づくりをめちゃくちゃ深めている尊敬する助産師さんもたくさんいます。

助産師といっても、得意な分野があれば、ちょっと苦手・・・と言う分野があることがある人が多いのではないかな。

母乳育児に関わるのは、助産師だけではありません。

助産師以外にも、産婦人科医、小児科医、看護師、保健師、栄養士、心理士・・・などなど、様々な立場のサポートがある一方、その立場によって、見る視点が違います。

視点が違うから、支援の方法が違って来ることもあるでしょう。

私自身は、母乳のこと、母乳育児支援、育児支援は好きな分野で、興味深く学んでいる方かな。

と言っても、まだまだ勉強勉強、研鑽、研鑽の日々です!

支援をしていても感じるのが、本当に個別性が強いものだと感じているので、一つの正解がないからこそ、難しさ。

だから、終わりがない学びを続けています。

私は、今は、日本ラクテーションコンサルタント協会(JALC)の学習会で学びを深めています。

母乳で育てたいママに、正しい知識と情報、そして支援がつながりますように。

あなたは、どう感じますか?よかったら、いろいろお気持ち聞かせてくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^
マルル〜(訳:ありがとう)♡

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(性と生のお話)の個別でのご相談は、一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • 性と生のお話(包括的性教育)の講演講座
  • 口唇口蓋裂ちゃんのサークル(ぽかぽか)

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。安心して、ご相談くださいね。
      助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ