【本の紹介】 本当の私、ここにいるよ

こんにちは!
浜松市のマルル助産院 助産師の宮﨑順子です。

性の多様性を理解する。

頭でわかっていても、本当に理解しているか。

「つもり」になっていると感じる時ことありませんか?

私も、まだまだ想像力が欠けているところがあると感じます。

自分は、ここにいるよ。本当の自分は、ここにいるよ。

自分を生きているだろうか?

それは、本当に、心から感じている思いかな?

全ての人に気づきがある本です。

「当たり前」や「ふつう」。

その「当たり前」や「ふつう」を子どもたちに伝えているのは、大人。社会なのでは?

あなたの「当たり前」に当てはまらない人に出会った時、否定し排除していませんか?

子どもたちと一緒に、対話をしながら考える。

「どうしてそう思うの?」「それって、みんなおんなじ意見かな?」と問いかけながら、「あれ?」という気づきになったり、意識することになりますね。

こちらもヒントになるかもしれません。

人と関わると、自分の普通が、「あれ?」と思うこともありますね?

私も、「これが普通です!」と、そんなことも知らないの?くらいの勢いで攻め立てられた経験があります。自分だけでなく、私を育ててくれた両親や、周りの人たちがみんな否定された気持ちになり、とても惨めで悲しい気持ち。

私にとっての普通が、社会の普通と思うことが、相手の普通を受け入れないことにもなるということは忘れてはいけないな。

あなたは、どう感じますか?よかったら、いろいろお気持ち聞かせてくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございます^^
マルル〜(訳:ありがとう)♡

妊娠・出産・母乳授乳育児のこと、包括的性教育(性と生のお話)の個別でのご相談は、一人で悩まず、抱え込まず、まずはご連絡くださいね。一緒に考えましょう。

 マルル助産院(浜松市)

  • 妊娠・出産・母乳授乳育児のサポート
  • 性と生のお話(包括的性教育)の講演講座
  • 口唇口蓋裂ちゃんのサークル(ぽかぽか)

あなたの「こうしたい!」を応援し、伴走します。安心して、ご相談くださいね。
      助産師 宮﨑順子

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると、うれしいな!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ