マルルだより

年内最後の「ベビーマッサージ」

こんにちは!マルル助産院 助産師じゅんこです。

今年度最後の「なごみサーカス」さん。

出張ひろばで、ベビーマッサージでした〜。
1ヶ月過ぎの赤ちゃんから8ヶ月くらいの赤ちゃんで集まってくれました!

洋服の上から「ベビーマッサージ」

本来は、肌と肌を合わせてスキンシップするとより効果的ですが、支援ひろばさんでの開催なので、洋服の上からのマッサージです。

ベビー期だけじゃない!!

「上のこの時にやらなかったから、ベビーのうちに!と思って参加しました〜」
というママさん。

そうそう、ベビーマッサージっていうと赤ちゃんへの特別な感じがありますね。

実は!
マッサージはキッズになっても、思春期になっても、大人になっても、安心できる関係でのスキンシップは、心地よく、とても幸せなものですね。

何歳になって、心地いい触れ合いはとても大事です〜。

型通りにやらなきゃいけないものではなくて、お互いに触れたいと思うタイミングで、その感覚を育んではいかがでしょうか?

あんよまでの発達

子どもは、2.3ヶ月くらいになると、自分の手の存在に気づき、じきに足の存在を知る。
腹這いの時間に、背筋を強い筋肉を作ります。

赤ちゃんは、自分のからだを使って、その使い方をマスターしてくのですよね。

1年程度で、赤ちゃんは、あんよまでの発達を遂げます。
本当に目まぐるしい発達。

1週間前にできなかったこと、昨日できなかっことができるようになったり、びっくりの連続ですね。

ただ、時には周りの同じ月齢の子どもちゃんと比べてしまうお気持ちも、焦る気持ちを持つこと、ありませんか?

でも、焦りは禁物!!「発達に飛び級はない!」と言われています。

ベビーちゃんのあんよまでの体の発達。
できるようになるには、一つ一つの過程が大事ですよ〜。

そこをちょっとお手伝いができるのも、このベビーマッサージのいいところ!

首座り前の、縦抱き抱っこについても、話題になりましたね。

地球にいきる上で、重力との戦い(笑)

ちょっと意識してみてくださいね。

ご自宅では、ぜひ、肌と肌の触れ合いと一緒に、生活に取り入れてくださいね〜。

皆さんの笑顔に会えて、嬉しかったです!

2021年も、子育て支援ひろば「なごみサーカス」さんの出張ひろばではベビーマッサージや卒乳のお話、抱っこのお話、いのちと性のお話も担当しました!

みんな外出を控えていた夏、参加者が2組の時もあったな〜って思うと、こうして親子さんが家からちょっと出て、他の親子さんと交流できる環境がとても嬉しく締めくくりました。

まだ、制限が完全になくなっているわけではありませんが、ママとベビーちゃんの笑顔が続くといいな〜。

多くのママたちに出会えたことありがとうございます。

また来年も、いろいろ企画していますので、ご参加くださいね〜。