いのちと性のお話〜大人向け〜

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

いのちと性のお話〜大人向け〜

あなたは、これまで性教育を学んだ記憶ありますか?

性教育というと、二次性徴や妊娠・避妊・性感染症、性行動などをイメージする大人は多いではないでしょうか?

正直、助産師じゅんこも最近まではそんな感じで、どちらかというと超苦手。
性の話は、話題になったら、嫌悪感さえ感じていたほどです。

助産師じゅんこの「性」に対する価値観は、どうやって築かれてきたのでしょう。

あなたの「性の価値観」はどんな感じでしょうか?
その価値観の違いって、どうして生まれるのでしょう。

乳幼児からの積み重ね

最近、乳幼児期からのおうちで性教育が話題になってきました。
性犯罪の低年齢化が、影響しているのでしょう。

でも、実際には、「乳幼児に性教育って何するの?」と感じる方も多いでしょう。
お家で性教育を・・・と言われるとすごくプレッシャーに感じてします方もいるかもしれませんね。

助産師じゅんこが考える家庭でできることの大切なことは、ただ一つ。

「あなたは、あなたのままでいい」。
小さなひとを一人の人として尊重して、大切に関わること。

これが、家庭でできる性教育の土台です。

ん?これのどこが性教育???と思った方もいるかもしれませんね?

助産師じゅんこは、「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」をはじめ、性教育をしている先輩たちとの学習会に参加したり、【思春期保健相談士】の研修に参加しました。

【性教育は、人権教育】
ということを、学びました。

想像していた、「人間のからだと発達」、「生殖」とかだけではない。
もっともっと深く、人生に大きく影響しているものだと知るのに時間はかかりませんでした。

知ることが、楽しくて、楽しくて。
「もっともっとママたちと、心通わせて、語り合いたい!子どもたちに届けたい!」というような気持ちが自然と湧いてきました。

助産師じゅんこの育った家庭では、親から性の話を聞いたことは記憶にはありません。

ただ「私はどうやってできて、どこから生まれてきたの?」ときいたときに、誤魔化されつつ、その返事の内容に悲しみを覚えたことを思い出します。

助産師じゅんこの性に対する価値観は、この頃から生まれてきたのではないかと感じます。

性教育は、人権教育。
特別なものではなく、暮らしの中での一つ一つの積み重ねによって続いていきます。

私たち大人も、例外ではなく、暮らしの中で、家庭で、積み上げられた価値観のもとに生きているのではないでしょうか?

包括的性教育は、「人権」と「ジェンダー平等」という枠組みの中に位置付けている。

「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」をベースとした包括的性教育を伝えています。

ガイダンスでは、包括的性教育を「人権」と「ジェンダー平等」という枠組みの中に位置付けています。

ガイダンスでは、8つのキーコンセプトが挙げられています。

1、人間関係
2、価値観、人権、文化、セクシュアリティ
3、ジェンダーの理解
4、暴力と安全確保
5、健康とウエルビーイング(幸福)のためのスキル
6、人間のからだと発達
7、セクシュアリティと性的行動
8、性と生殖に関する健康

何歳になったから伝えるのでなく、全てのキーコンセプトを学ぶ目標がレベル毎に設定されています。

●レベル1(5〜8歳)
●レベル2(9〜12歳)
●レベル3(12〜15歳)
●レベル4(15〜18歳以上)

身体の発達に飛び級がないように、段階的に学んでいくことが、世界基準・スタンダードです。

この「ガイダンス」の学習会に参加していて、よく話題になるのが、「急にレベル4は無理だね。段階的に学ぶ必要があるよね。実際、自分たち含め、大人もレベル4の18歳以上だけど、レベル1から学び直す必要があるね。」ということです。

ぜひ、大人たちも、性教育をきちんと受けてこなかったからこそ学ぶ時期が来ているのかもしれません。

包括的セクシュアティ教育(人権教育)を、一緒に考え、アップデートを始めませんか?

おしゃべりして、語って、聴いて、学んで、感じましょう!

性教育の価値観は家庭から始まっています。
日本に住む人たちのほとんどが、「性教育」という分野の教育を受けていない。
当然、子どもたちに伝えるという実践は、かなりハードルが高いですね。

性教育は、永遠に未来へ繋がっていくものです。
子どもたちは、待ったなしに成長していきます。

性教育は、決して、恥ずかしいことでも、いやらしいことでもない。
ごまかしたり、はぐらかしたりすることは、子どもたちを苦しめることになりかねませんね。

おしゃべりして、語って、聴いて、学び、考え、感じましょう。
自分の価値観を見つめ、アップデートしていきませんか?

子どもさんのいる保護者の方はもちろん、保育士さん、幼稚園の先生、小・中・高の教育関係の方、子どもに関わる支援者の大人たちで、子どもたちの未来のために、「性教育」を大人たちも、ぜひ仲間と一緒に学びましょう。

助産師じゅんこと考える「いのちと性のお話」〜大人向け〜

参加対象者 ●子どもに関わる大人たち
(保護者、保育士、幼稚園・小中高の教育関係者、子どもに関わる支援者など)
開催時間 90分程度
最新の日程でご確認ください。
内容 1回の講座で1つのテーマをじっくり考えます。

① 性教育ってそもそも何?(基本)
② プライベートパーツってどんなところ?
③ ジェンダー・性の多様性を理解しよう〜男らしさ、女らしさ〜
④ 暴力と安全〜うっかり加害者・被害者・傍観者にならないために
⑤ あなたの気持ち、「同意」を習慣にしよう!
⑥ 二次性徴・妊娠・性行動を伝えよう
⑦ あなたのお産を語ろう!(バースレビュー)
⑧ 人間関係〜対等な関係性と意識しよう!〜

このほかに希望のテーマがあればご意見くださいね!

定員 6名様
料金・支払い方法 2200円
・予約システムにて、クレジットカード決済
会場 公共施設または音楽教室ミューレ(浜松市北区根洗町428−1)
持ち物 ●筆記用具
●お子様同伴(未就園児)の場合は、おもちゃ   など

参加者様のご感想

講座の最初に「人の考えを否定しない・聴いたことを口外しない」という約束事を話してくださるので、安心して参加できます。人と性教育について話す機会は、自分では作れないので、グループワークを取り入れてくださり、楽しく話せました。

「性」について考える時間になりました。 自分自身が家庭で性について教えてもらったことがないので、子どもにどう性を伝えることができるのかわからなかったので、とても参考にありました。 まずは、生まれてきてくれてありがとうをたくさん伝えようを思います。

宣言した、「大切だからパンツ履いて」と伝える事ができました。
早速、「どうしてお母さんはお股に毛がえてるの?」と聞いてきたので、誤魔化さず「大切な場所で、赤ちゃんが生まれてくるところだからだよ」と伝えられました。
とても素晴らしい活動なので、頑張ってください。

お友達の紹介で、初めての参加でしたが、受講して本当に良かったと思いました。先生おお話もとても聞きやすかったです。性教育には、親の考え方や準備がすごく大切だと思いました。
講座終了後の質問にもわかりやすく答えてくださったので、自分の中のモヤモヤが解消され、また、子供の性教育に対して少し自信を持って臨めそうです。講座を聞いて今できることをクリアできたら次のステップに進みたいです。

基本まずはここからという事がわかり、「体を大事に」を伝えていきたいです。
優しい語り口調で、とても聞きやすくて良かったです。

先入観で、助産師さんから子どもの性教育を教えていただけるとは思っていませんでした。お子さんがいらっしゃって、ご自身の体験を含めてお話ししてくださり、具体的で分かりやすかったです。お人柄も含めてお話がスムーズに耳に入ってきました。順子さんが浜松市にいてくださって本当のよかった♪

親子で聴く!助産師じゅんこが伝える「いのちと性のお話」は、土日祝日や長期休みのタイミングで開催しています。親子でのご参加もお待ちしています。

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんが【安心安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子