いのちと性のお話〜レベル2(小学高学年向け)〜

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

いのちと性のお話
〜レベル2(小学高学年9-12歳向け)〜

これから大人へと成長するとっても大切な時期。

大人と子どもの狭間で揺れ動きます。
成長も個人差が大きく出始め、互いの関係性も変わってくる時期です。

体や心の変化をポジティブに捉えることができなくて、しんどい思いをする子もいますね。
(助産師じゅんこ自身が、超絶ネガティブに受け止めていました。)

大人への階段を一歩一歩階段を登る子どもたちが、自分の足でしっかり立っていけることを願っています。

「自分は、自分でいいんだ」と、自分で認めることができた子は、強く逞しい「生きる力」を持って、人生を進んでいけると言われています。

この講座が、そのきっかけになったら、幸いです。

これからのあなた

思春期に向かっている、小学高学年の時期、あなたはどう過ごしていましたか?

大人になることが楽しみな人もいれば、体の変化をネガティブに捉えるということもあるでしょう。

10歳くらいから、少しずつ体も心も大人へ変化していきます。

月経や精通、妊娠やsex、性感染症について、ご家庭で話そうと思うとなかなかハードルが高いということが伝わってきます。

「とっても大切なことなんだけど・・・」と葛藤するいう親、大人たち。

正しい知識は、「自分を守り、大切にできる」

国際セクシュアリティ教育ガイダンスにおいても、正しい知識を前もって届けることは、
無防備な性行動の頻度を減らす、初めての性行動に慎重になる、予期しない妊娠や性感染症を避ける手段を取るなどの「自分を守り、大切にできる」という効果がになっているという研究結果があります。

「まだ早い、寝た子を起こすな」なんていうことがまだまだありますが、これだけの情報社会、ネットが身近になっている子どもたちは、寝てなんかいません。きっと、とうの昔に目覚めています。寝ていると思っているのは、大人だけです。

肯定的に、科学的に、性の多様性を理解すること

『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』を基にして、進めます。
このガイダンスでは、5歳くらいから段階的に進めています。

成長してから伝えようとすると、その時には、かなりハードルが高いものとなっています。

小さい頃からの暮らしの中での積み重ねで、すでに価値観を持っている子どもたち。

自分を大切にしていいんだ。
自分は大切にしてもらっている。
あなたは、あなたのまんまでいいんだよ。

いっそう暮らしの中で引き続き、届けていきたいところです。

1.性を肯定的に捉える
2.性を科学的に見る
3.性の多様性を理解する

を原則に伝えます。
ご家庭ではちょっと・・・という方はぜひ親子でご参加してみてくださいね。

助産師じゅんこと考える「いのちと性のお話」
〜レベル2(小学高学年向け)〜

参加対象者 ●小学高学年の親子(小4〜小6)
開催時間 90分
最新の日程でご確認ください。
内容 「あなたの主役は、あなた」(60分程度)

① いのちの始まり
② これからのあなたの体と心(思春期)
月経・精通・妊娠ってなんだろう?
③ メディアリテラシー
④「NO」「GO」「TELL」であなたを守ろう
⑤ 人との関係性
対等な関係性、バウンダリー

講座終了後、保護者の質疑応答

定員 5名様
料金・支払い方法 2750円
・予約システムにて、クレジット決済
会場 公共施設または音楽教室ミューレ(浜松市北区根洗町428−1)
持ち物・お願い ●筆記用具
●動きやすい服装     など

子どもちゃんのかわいい感想

生まれた赤ちゃんにはしっぽがないのに、おなかの中の最初らへんではしっぽがあるのをはじめて知りました(10才)

赤ちゃんがおもくてびっくりしました。最初は見えないくらい小さかったのでびっくりしました。(9歳女の子)

「いのちの話」を聞いて学校では教えてくれないことなど大事なことを中心に話してくれて、とても頭に入ったと思います。
初めて知ったことがいっぱいあって、とてもびっくりしました。
(9歳女の子)

わたしが心に残ったことは「子どもでも赤ちゃんを産む確率がある」ということです。
もし近くの人や友達が子どもの間に、赤ちゃんが生まれるかもしれない人がいるかもしれません。いろんなことを想像すると、ますます知りたくなりました。
もう一つ心に残ったことは、赤ちゃんを産むことはとても大変ということです。
このお話のおかげで、赤ちゃんは子どもでも生めることや赤ちゃんを産むことはとても大へんということがわかりました。
ありがとうございます。
(8歳女の子)

お父さんのせいしがお母さんのおなかのらんかんでらんしと合体するのは知っていたけど、どうやってお父さんのせいしがお母さんのところへ行くのかは知らなかったのでしれて良かったです。
(10歳女の子)

今日のおはなしをきいて、一人一人の命の大切さがわかりました。
わたしもじょさんしさんになりたいと思いました。
生まれてきたあかちゃん一人一人に命を大切にして、「元気に大きく育ってね」と声をかけたいです。
今生きていることにかんしゃして、自分の、わたしだけの命、一つの命を大切にしたいと思いました。
ありがとうございます。
(10歳女の子)

じゅんこさん、今日はいのちのお話をしていただいてありがとうございます。映像や模型まで用意していただいてすごくわかりやすかったです。小さい豆つぶの1gもないような赤ちゃんから10ヶ月かげて約3Kgの赤ちゃんになる間の成長がすごく早くてびっくりしました。3Kgを持つのもお母さんは大変だということに気がつきました。   (9歳女の子)

参加者様の声

ありがとうございました。

親子でとてもよい時間を過ごせました。
順子さんのお子さん達、お手伝いもみんな上手で、感動しました。

娘は小さい子大好きで、ずっと、保育士になりたい。と言っていました。でも、最近、生理がくるまえなのか、とても荒れていて、イライラしていて、そして、時々私と口喧嘩にもなっていました。その最後に、わたしなんか、産まれてこなければよかったね。なんて、言われて(涙)母としてはとても切ない日々を送っていました。

…でも、昨日の会に参加して、以前見せた、私が作った、エコーの写真集、臍のを…すべて繋がったようで、生きるってすごいね!!私、小さい子に一番に触れる助産師さんになりたい!!など、もう、話がとても膨らみ、ずーっと話していました。本当にいい時間を過ごす事ができました。
ありがとうございました

(改めてのご感想)
親子で、いのちの誕生の話が聞けて、すごく夏休みのいい時間を過ごせました。ありがとうございます。

娘の心にとても響いたようで、家に帰ってからも興奮して、いろいろな話をしました。そして自分の誕生の話は、きいていて涙ぐむ時も。10歳の娘だけでなく、4歳お息子も自分の誕生の話は、とても嬉しそうにきいていました。

でも、10歳の娘は、「SE Xの話は知りたくなかった。ショックだった」と言われ、やはり小さい時からの性教育の必要性を感じました。「パパとママもしたの?」とすごくひかれました。でも事前に、順子さんから、「そう、ひくよね〜。でもそうして、みんな産まれてきたの。」とサラリと受け止めてあげることなど、いろいろ聞いていたので動じることなく対応できて良かったです。

今日はありがとうございました。
「命の話を聞きに行くよ。」と伝えられただけで訳も分からずつれてこられた我が家の娘、なかなか家庭では踏み込めない内容に「うーん…半分くらいしか覚えてないんだけど~、ストップと逃げると、あともう一個、なんだっけ?それは覚えてるよ。」と言ってました。
もともと、今回私が参加したいと思った理由が娘を性犯罪から守りたいと思っていたからで、一番分かってほしかったところを覚えていてくれてホッとしました。

近年、性犯罪の被害者が低年齢化してる中で、性犯罪がどういったものなのか、それを説明するには性の快楽の部分についても説明しなくてはいけないのかな…、でも小学生にその内容は早すぎるだろう…でも性犯罪に巻き込まれる前に話さなくてはいけないし…、と難しく難しく考えてしまっていて、今日はどんな風にお話してくれるのかな、とドキドキしていました。
結果的に、快楽の部分など言わなくても命がどう始まり、生まれるってことがすごいことで、だからあなたの身体は大切なんだよ!他の人に触らせたりしないよ!って教わったら、なんかすごく娘に伝わってました。
難しく考えすぎてた私にも響きました。こうやって伝えれば良かったのかって。

食事の時間にはパパも一緒に今日はこんな話があったよ、って会話しました。
事前に性教育の話に参加することを伝えたときは「大丈夫か(早すぎないか)?娘に理解できるか?」って心配してたパパですが、娘が「ちょっと刺激が強すぎたよ~」って笑いながら話してくれて安心してました。

真後ろに座ったので表情までは分かりませんが、交尾から性行為の話のあたりは身体をモジモジさせながら聞いていたので恥ずかしかったのかな~と思いました。
でも、そこを伝えるのが今日の目的なので今の娘にちょうどピッタリの内容だったと思います。

これで動物園で目の前で動物の交尾が始まっても堂々と「これが交尾だ!」と教えてあげられます(笑)。

また数年後、今度は親抜きでも良いのでまたもう一歩踏み込んだお話をやっていただけたら娘に参加させたいなと思います。

ありがとうございました。
娘と二人で参加できたので、ゆっくりお話を聞くことができてました。

順子さんのやさしい雰囲気がとても良かったです。

前日が、娘の誕生日だったこともあり、生まれた時のことを思い出す時間にもなりました。
まだ素直に話をきいてくれる時期ではありますが、これから思春期に入っていくので今のうちにいっぱい話をして伝えたいなと思います。

ありがとうございました。
性の話を子供にどう教えたらいいのだろうと悩んでいたので、順子さんのとても分かりやすいお話を親子で聞く事ができてとても良かったです。やはり自分も、親や学校では教えてもらえなかった話だけに、子供に話す事が恥ずかしいと感じていました。

今日のお話を聞いて、性教育の大切さを改めて知ったし、親たちも知識を増やし、向き合うことが大切なのかなぁーと感じました。

そういう事は、自然に覚えていくのかなぁーと思っていましたが、何も知らずにその時を迎えるよりも、子供達にも知識を持たせる事で、色々なトラブルを回避できたり、心構えにもなるので、まずは親の方が恥ずかしさを乗り越えなくていけないのかなぁと思いました。

今回、性教育の考え方が変わる機会にもなり、参加させて頂けて、自分の人生、子供の人生にとって、とてもプラスになりました!感謝しています。ありがとうございました

子供達に伝わっています。
ハートの中のあの小さな点が10ヶ月であんなに重たい赤ちゃんになるんだね。すごいね。
昨日の夜、子供達と話しました。

いのちの話」をきいて、学校で教えてくれること、学校では教えてくれないけれど、とっても大切なことを親子で学ぶことができてとてもよかったです。自分自身も実際に学んだことはなく、本屋友達との会話から知ることはできたけれど、今思うと親から堂々と教えられていたら、イメージが変わっていたのかも?と思いました。時代的にも性の話などはタブーだったのだとは思いますが。

そして、お話を聞いて、久しぶりにエコー写真やDVDなど親子で見ながらいろいろな話をしてみたいなと思っています。
子どもたちが「家族からたくさんの愛情をもらって育った大切ないのち」と認識してもらえたら嬉しいなと思います。

今日もありがとうございました。
娘二人が、真剣にアンケートを記入していて、とても嬉しくなりました。

紹介していただいた本を読ませて、簡単には話しましたが、今日の講座があってやっと理解できたようです。

私自身は、このタイミングでこの講座を受けられたことがとてもよかったと思っています。今のうちの姉妹たちなら、素直にあまり恥ずかしくもなく、このような話を親子でできたなと思いました。また一年、二年先になるとこうやって話せないと思いました。

うちは娘なので、生理の仕組みを模型を使って教えていただけたのがとてもわかりやすくてよかったです。そして、その生理から性行為があり、妊娠してお腹の中で成長し、出産の仕方から今の自分へとしっかり繋がったと思います。

母として教えてあげたいことを、順子さんのお力を借りて伝えることができて本当によかったと心から思いました。ありがとうございました。

娘さん、息子さんのサポート、素敵ですね。ありがとうございました。

親子で聴く!助産師じゅんこが伝える「いのちと性のお話」は、土日祝日や長期休みのタイミングで開催しています。親子でのご参加もお待ちしています。

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんが【安心安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子