いのちと性のお話〜レベル1(小学低学年向け)〜

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

いのちと性のお話
〜レベル1(小学低学年6-9歳程度向け)〜

3〜6歳の園児の頃に、ただただギャハハっっと盛り上がっていた「おっぱい、ちんちん、お尻、うんち」などの単語も気づけば落ち着いてきてきたのではないでしょうか?

学校では、小学校2年生で生まれてから今日までの生い立ちをインタビューしたりします。

子どもたちは生まれてきた時の話が大好きです。
たくさん、た〜くさん話して、聞かせていきましょうね〜。

いのちの始まり

おなかの中での、赤ちゃんの成長。
赤ちゃんだった時がある、あなたが主役のお話です。

「赤ちゃんは、どうやってママのお腹の中に入るんだろう。」
「ママから産まれたのに、どうしてパパに似ているの?」

ジェンダーやプライベートパーツ、防犯などを伝えます。

一緒に、考えていきましょう。

助産師じゅんこと考える「いのちと性のお話」
〜レベル1(小学低学年向け)〜

参加対象者 ●小学低学年の親子(小1〜小3)
開催時間 90分
最新の日程でご確認ください。
内容 「いのちの始まり〜赤ちゃんってすごいんだ!〜」(45分程度)

① 赤ちゃんだったあなた
② 成長してきたあなた、これからのあなた
③ あなたのからだは、あなたのもの
④ 男の子らしさ、女の子らしさって何だろう?
⑤ あなたの気持ち〜「イヤだ」の力〜
⑥ 「NO」「GO」「TELL」であなたを守ろう
⑦ 親子で体と言葉の触れ合い

講座終了後、保護者の質疑応答

定員 5名様
料金・支払い方法 2750円
・予約システムにて、クレジットカード決済
会場 公共施設または音楽教室ミューレ(浜松市北区根洗町428−1)
持ち物・お願い ●筆記用具
●動きやすい服装     など

子どもちゃんのかわいい感想

いのちをたいせつにしようとおもいます。(小学校1年生の女の子)

赤ちゃんのときだからわすれちゃいました。でもがんばったとおもいます。いまでもげんきにそだったとおもいます。いまでもたのしいです。7さいでもたのしいです。(7歳女の子)

いのちがあってよかったぴー。いのちがなかったらあそべないぴー(7歳男の子)

赤ちゃんが産まれる前、しっぽがあったことを知りました。学校のみんなにおしえてあげたいです(8才)

あかちゃんがどうやってうまれるのかなとおもいました。(7歳女の子)

いろいろなことがしれて、きてよかったなと思いました。(7才)

しっぽがあることはじめてしった。(7さい)

参加者様の声

いのちのおはなし会、ありがとうございました。
ちょっぴり圧倒されていた様子でしたが、順子さんのお話が始まると「大切なものはなに?」と問いかけにも私も耳元で「かぞく」と答えてくれたり、娘なりに参加しているのが伝わりうれしく思いました。
帰りの車でも「いのちのおはなし楽しかった」と言っていました。
これから小学校などでもいのちのお話を聞く機会はあるかもしれませんが、親子で一緒に聞くということがお互いの気持ちをしっかり感じられ、こどもが大きくなればなるほど貴重な時間になるなと思いました。
パパにも一緒に聞いてほしいな♡

実際の大きさや形を見たり、触ったりすることで、感じ方がちがうので、知ることができてよかったです。
今日のことをいつかまた話せる日があるといいなと思っています。
ありがとうございました。

今日は子どもたちと一緒に参加できてとてもよかったです。
「そのままでいいんだよ。生まれてきてくれてありがとう。」と子どもに言いながら嬉しくて泣きそうになりました。子ども達と特別な時間になりました。

他の人を大切にするために、まずは自分を大切にしていくこと、大切にしてもらう権利があることから教えていきたいと思いました。
性教育という狭い範囲の話ではなく、大切な命について、親子で学べてよかったです

自分が生まれたときと同じくらいの赤ちゃんを抱っこしてその大きさと重さを感じれたことは貴重な体験でした。いつも怒ってばかりでイライラも今日は親子で笑顔になれて良かったです。

親子で聴く!助産師じゅんこが伝える「いのちと性のお話」は、土日祝日や長期休みのタイミングで開催しています。親子でのご参加もお待ちしています。

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんが【安心安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子