いのちと性のお話〜レベル0(園児3-6歳向け)

こんにちは!
マルル助産院 助産師じゅんこです。
(青字やバナーをクリックしていただくと、関連記事にリンクしています。)

いのちと性のお話〜レベル0(園児3−5歳)〜

「うんち、おっぱい、おしり〜」
と言っては、ギャハハって。

とにかく、それだけでも楽しい時期。

フロイトの性的発達理論的にも、正常な発達過程でなんら問題はありません〜。
でも、ママたちはどこでも場所を選ぶなんて術も知らず、大きな声で言ったりしてヒヤヒヤしますね。

男女の違いに気づき、自分の性別も認識し始めます。

「赤ちゃんは、どうやってできるの?」

性的に関心も出てきたり、妹や弟、赤ちゃんが生まれたり、お友達の赤ちゃんを見る機会も多いこの時期は、「赤ちゃんはどこからくるの?」「どうやってできるの?」というような質問も6歳くらいまでに8割の子供が質問してくると言われています。

さてあなたは、どう伝えますか?

純粋に、なんでも疑問に思う時期。
「なんで、空は青いの?」「どうしてお腹空くの?」「なんで、歯を磨くの?」みたいに、「なんで、なんで、なんで〜」、「どうして、どうして〜〜」が生活の時期です。

「赤ちゃんはどこからくるの?」「どうやって赤ちゃんはできるの?」も同じようになんで、どうしての不思議を質問してきています。

なのに、大人は色眼鏡で、勝手にドキッとして、「なんて答えよう・・・何が正解?どこまで言えばいいの?」とか勝手に頭ぐるぐるしちゃっています。

「どうしてお腹が空くの?」と聞かれた時どう答えますか?

「どうしてだと思う?」
「なんでだろうね?」
「不思議だよね〜。素敵なことに気づいたね!」
「いっぱい動いたから、体が元気パワーをちょうだいって言っているのかもね」
何かしらの会話があると思うんですよね。

親子の会話では、それでも、いいんですよ。

あなたのからだは、大切!

幼児期には、あなたの体がとっても大事。どんな気持ちも大事。

そんな大事なからだを誰がどうやって触れるかを決めるのは、あなた。

心地いいタッチはどんなの?
なんだかイヤだなと思うタッチは?

あなたの体の主役は、あなただよも伝えていきましょう。

男女の違いに気づき出す時期だからこそ、「男の子なんだから」「女の子なんだから」は無しで、ジェンダーフリーの価値観をこの時期から伝えていきたいですね。

助産師じゅんこと考える「いのちと性のお話」
〜レベル0(園児3−6歳向け)〜

参加対象者 ●園児:3歳〜6歳くらい
開催時間 60分
最新の日程でご確認ください。
内容 「とっても大切なあなたのからだときもち」(30分程度)

① 赤ちゃんだったあなた
② 生まれてみよう!
③ 成長してきたあなた
④ プライベートパーツ
⑤ いいタッチ、悪いタッチ〜「イヤだ」の力〜
⑥ 親子で体と言葉の触れ合い

講座終了後、保護者の質疑応答

定員 5名様
料金・支払い方法 2750円
・予約システムにて、クレジットカード決済
会場 公共施設または音楽教室ミューレ(浜松市北区根洗町428−1)
持ち物・お願い ●筆記用具
●動きやすい服装     など

子どもちゃんのかわいい感想

おおきくなったね(5歳女の子)

もっとおしえてほしい(5歳男の子)

あかちゃんがかわいかった。(年長)

きょう たのしかった (3さい)

参加者様の声

最近、赤ちゃんってどうやって産まれるの?」と聞かれることが多かったので、タイミングよくちゃんと説明が聞けてよかったです。
プライベートゾーンを今後しっかり伝えていきたいです。
ありがとうございました。

自分が生まれたときと同じくらいの赤ちゃんを抱っこしてその大きさと重さを感じれたことは貴重な体験でした。

いつも怒ってばかりでイライラも今日は親子で笑顔になれて良かったです。

性教育という狭い範囲の話ではなく、大切な命について、親子で学べてよかったです。

5歳児にわかるようにお話しいただいて、ありがとうございました。
「そのままでいいんだよ」
素敵な言葉ですね。
これから何度も使いたいなと思いました。
読んでいただいた絵本、買ってお家でも読もうと思います。

子どもにわかりやすく、コンパクトにまとめてくださり、ありがとうございました。
気になっていた絵本も読めたのでよかったです。
これからもよろしくお願いします。

思っていたよりも真剣に息子がお話を聞いていてびっくり&嬉しかったです。自分がどうやってうまれてきたのか、そして大切に思われていることを知れてよかったと思います。

親子で聴く!助産師じゅんこが伝える「いのちと性のお話」は、土日祝日や長期休みのタイミングで開催しています。親子でのご参加もお待ちしています。

心からありがとうございます

ママとベビーちゃんが【安心安心な居場所】 
おっぱいと子育てのお悩み相談!
〜心と心をつなぐ命の和〜
浜松市北区 マルル助産院
宮﨑順子